FC2ブログ

福岡ひきこもり体験者が支援を考えるブログ

ひきこもり歴7年の経験者が体験や生き方についてつぶやきます

スポンサーリンク

個別相談支援について 講演依頼について HPで紹介されました! 新聞で紹介されました!

♦引きこもりブログ記事一覧♦

母ちゃんが教えてくれた事。人は繋がりによって救われる!

はい、またまた久しぶりの更新になりました。^^:

最近は、この始まりの文章が定番になりつつあるので、もう少し感覚を狭めて更新したいという気持ちを今は持っています!(笑)


実は先週、行橋の方でひきこもり体験談の講演をしてきました。

相変わらずの莫大な講演資料に、1時間30分ぐらいでは収まりきれないぐらいで、最後は駆け足でお話してきました。


私のダラダラなお話に1時間30分も付き合って頂いてありがとうざいます。

少しでも皆さんの気持ちに残る物があると良いなって願っています。


さて、話は母ちゃんからきたメールのお話になりますが、実はこれからお話する内容は、ひきこもりを脱出する上でとても大事な事を母ちゃんが教えてくれた経験談です。

また、この内容は私が講演でいつも皆さんにお伝えしている話とも重なっており、改めて母ちゃんのメールで納得させられました。


はい、勿体ぶっても今度はブログがダラダラするのでお伝えします!(笑)


母ちゃんのメールの内容をほぼそのままで出します。



■母ちゃんのメール

※○○は私の名前を言っています。


言い忘れたけど、12.3歳頃の自分の人生を選ぶ事のできなかった○○は悪くなかったよ。

人生を選ぶ事の出来たパパとお母さんがダメだった。

でも、気付いてやり直す事はできる。

なにが正解かは未だに分からないけど、多分、友達や家族や先生や色々関わってくれた人達それと時間が、今笑っている○○を作ってくれたと思います。

とてもありがたい事ですよ。

まぁ○○の努力が一番かな。


おわり



という内容です。


とてもありがたいメールです。

母ちゃんありがとう!そして、勝手に出してごめんなさい。^^:


そして、今回みなさんにお伝えしたいのは、人は繋がりによって救われるという事です。


母ちゃんのメールでも書いてますし、私がひきこもりの講演会や支援でもいつも伝えている事ですが、ひきこもり当事者はもちろん。家族も色んな人達と関わり繋がっていきましょう。


実際に私も母ちゃんもひきこもりを抜け出すのに、2人とも「人との繋がり」が大切だという事を実感しています。


なので、本人家族だけでひきこもりを解決しようとすると、時間も労力も掛かり過ぎて、本当に大変です。

世間体とか恥ずかしさはあると思いますが、まずは同じ経験や状態の人と繋がったり、ひきこもりの相談支援の方や、学校の先生やひきこもりに理解のある大人や友達と繋がっていきましょう。


そうすると、ひきこもりを脱出する力が、当事者と家族だけだと、1の力だったのが、2になったり3になったり、気付けば100になったりもします。

そうすると、自分たちの負担も減り物事は良い方向へ向かっていくと思います。




「福岡ひきこもり体験者が支援を考えるブログ」では無料でメールの相談を受け付けています。
ブログ右に設置してある「メールフォーム」よりお気軽にご相談ください。






他の引きこもり記事を見る

スポンサーリンク

関連記事
  1. 2017/12/12(火) 18:18:02|
  2. 引きこもりを持つ家族や支援者へ
  3. | コメント:0

ひきこもりも私たちも同じ不安を背負って生きている

またまたブログの更新が止まっていました(笑)

今でも子ども支援関係のお仕事を続けながら、ひきこもり支援もマイペースに続けています。


しかしながら私も支援をする立場でありながら、最近、久しぶりに不安を抱える出来事があり、さすがのポジティブな私もちょっと落ち込みました。^^:


そこで、あの頃(ひきこもり時代)の気分に浸ろうと、昨日は一人で電車に乗って、過去に行った事のある町の海の見える場所までいきました(笑)





そこでぼーーーっと、30分ぐらい海を眺めていました。
このシチュエーションでよくある、海に飛び込むとか全く考えてないですからね!(笑)


そうしたら、世の中の出来事が「どうでもいいしちっぽけだな」っと改めて感じました。


人は色んな物を身に付けると、それが無くなるかもしれない可能性を見せつけられるたり無くなると、不安になり気分が沈んでしまいます。

でも、本当に大切な物や大事にしないといけない物を再認識した時に、色々見に付けている事はそんなに問題になりません。


改めて、自分に自信を持って、時には周りの人たちに助けて頂きながら、お互いに寄り添い協力し合い、共に日々当たり前の日常を歩んでいきたいと思いました。


ひきこもりもある意味このパターンと同じなような気がします。


突然学校やお仕事に行けなくなり、色々とそれまでに身に付けていた物を失います。

でも、そこで本当に大事なのは、学歴?学校?仕事?

確かに今の社会で生きるには必要かもしれないように見えますが、本当に大事なのは自分であり、家族であり、友人だと思います。


それで困った時は、自分だけで背負う事無く悩みもがきながらも、家族を始め、周囲の人たちの協力やサポートによって1日1日を大切に楽しくしがらみを乗り越えて生きて下さい。


本当に大切なのはあなたが1日1日を当たり前のように生きる事です。

人生は有限です。いつか人は死にます。


その寿命を迎えるまで、自分らしく時には人に助けられたり助け合いながらいきるのが、本来の生きる姿だと思います。


最近、テレビでフードバンクというシステムがあると知りました。
⇒フードバンク福岡のホームページ

フードバンクが地域に一つあるだけでどれだけの人達が救われるのだろうかと最近思います。


貧困や色んな困難を抱える人達が、仕事をしてるしてないに関わらず、食事と寝る場所が最低でも確保される社会が作られたら、世の中の漠然とした生きる不安が大きく減っていくと私は信じています。


という事で、私も含めみんな漠然と生き続ける不安を背負って過ごしているんだなと改めて感じました。





「福岡ひきこもり体験者が支援を考えるブログ」では無料でメールの相談を受け付けています。
ブログ右に設置してある「メールフォーム」よりお気軽にご相談ください。



他の引きこもり記事を見る

スポンサーリンク

関連記事
  1. 2017/10/05(木) 14:06:34|
  2. ひきこもり
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

MY

Author:MY
13歳から20歳まで家で引きこもっていました。

中学は卒業しても高校へは進学せずに家の中で孤立感とストレスを感じ、家庭内暴力やテレビ、ゲーム、インターネットへの依存生活を送りました。
そんな私が安心できる場所や自分を理解してくれる人達との触れ合いにより社会に復帰できる事ができました。

現在は、子どもに関わる仕事をしながら空いた時間に引きこもり支援や体験談を発表したりしています。

将来は引きこもり支援専門で活動できる事を目指しています。

趣味は、音楽・野球・サッカー・ゲームです。
ゲームは結構プレイしていてゲーマーなぐらいオタクな所もあります(笑)

個別相談や講演依頼については下のメールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

詳細はトップの「個別相談支援について」や「講演依頼について」に記載しています。


支援の対象

①個別相談支援=福岡市近郊(有料)
②Skype相談支援=全国(有料)
③無料メール相談=全国(無料)


(ひきこもり訪問支援歴9年目 相談料:3000円~ 外に出る・家族の関係改善・学校復帰・仕事を始めるなど、これまで20人以上のひきこもりを支援してきました。)

無料メール相談にも対応しました。
メール相談も下記のメールフォームよりご相談ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ページランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

個別相談支援について (2)
講演依頼について (1)
引きこもり体験談 (6)
引きこもり支援 (22)
新聞に掲載されました (1)
その他 (0)
お知らせ (1)
不登校新聞 (1)
講演会 (10)
引きこもり当事者へ (14)
自己紹介 (1)
つぶやき (27)
趣味 (5)
引きこもりを持つ家族や支援者へ (22)
引きこもり 原因 (1)
引きこもり 脱出 マニュアル (2)
引きこもりの定義 (1)
目次ページ (1)
ひきこもり (14)
引きこもり支援施設 (1)
通信高校 (1)
引きこもり 高齢者 (1)
不登校 (1)
ひきこもり アルバイト (1)
ひきこもり経験 失敗談 (2)

人気ブログランキング

応援ポチッと宜しくお願いします(^^)


引きこもり日記 ブログランキングへ

脱・引きこもり日記 ブログランキングへ

不登校・ひきこもり育児 ブログランキングへ

訪問者

検索フォーム

ひきこもり支援リンク

⑤

このブログをリンクに追加する

通信高校サイトリンク

④
・通信高校ナビ
・広域通信制高等学校 福岡県連絡協議会

学校・勉強・資格 資料請求一覧


「高卒」と「専門」を同時に学べる通信制高校でなりたい自分になろう!

大卒資格を取得!
まずは資料請求!


人気の通信講座・通信制大学が満載

【勉強サプリ】

ブログパーツ